<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今年も、あとわずか。

b0196570_22575783.jpg


今年も、私と妻、殿と陸、無事に一年を過ごすことができました。ありがとうございます。って、誰に感謝すればいいのか。そりゃ、まずは妻に、そして、殿に、陸に感謝です。神仏にも感謝しますが、私の場合は気まぐれですが、ちょっとキリがないかも。朝起きて、おてんとうさんに感謝をし、トイレの神様に感謝して用を足します。靴下を履いて、靴下の神様に。トレーナーを着て、トレーナーの神様にも感謝。などなど。朝ご飯の神様に感謝しながら、お箸の神様、お漬物の神様、味噌汁のなどと延々続くけれども、それをまとめて、いただきま〜す、と一言でしめます。食べ終わったら、ごちそうさま、と。

そんなわけで、至るところに神様はいるんですね。日本には、八百万の神様がいると言われています。かさこそっと舞う枯れ葉にも神様はいると言う人もいます。今日も雪が舞っていますが、一片の雪にも神様はいることでしょう。今あるものを大事に使い、食事も残さずすべて平らげ、移ろう自然に想いを馳せ愛しむ。そういえば、人間って傲慢になりましたよね。物を大事に使わないで、ポイポイ捨てるようになりました。ま、直ぐに壊れたり破れたりする物も多くなったのですが。できるだけ、今ある物を大事に使うように。で、とうとう私のお気に入りセーターも糸が薄くなって、穴が開いてしまいました。29年前に2万円で買ったセーターです。当時は、とびっきり高かったのですが、ここまでの長い愛着に応えてくれました。このセーターの神様にも感謝。1万円で買ったセーターなんて、7年でほどけちゃった。そんなわけで、長い愛着に応える物づくりをお願いしますね。あんまり、ポイ捨てしたくないから。

今年も、もちょっとで新年です。このブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。また来年も、よろしくお願いいたします。そして、皆さまも良い年をお迎えくださいね。
[PR]
by yosamuya2 | 2010-12-31 22:58

また、雷が鳴り、雨が降る。

b0196570_1372792.jpg


年末の天気は、大荒れという予報だけど、早速、今日も変な天気でした。2日前ほどではないけど。この時は、ちょうど陸との散歩の途中で、念のために傘を持っていった。歩いて30分ほどで、空が暗くなる。風が急に強くなった。ぱらぱらっと雨が降る。風が強くって、傘がきかない。雨の黒い筋が見えて、雲も不穏な動き。これは、竜巻があるかもしれぬと、近くの屋根付き駐車場に避難。雷も、バリバリ、ドスンと鳴っている。陸もびびっている。ま、今日の雨は帰ってからなんだけど、バリバリンと雷が鳴ったときは、寝ていた陸が直ぐさま起き上がった。冬に、こんなに雷が鳴るなんて珍しいよね。この夏が暑かった反動か。ラニーニャ現象か。はたまた北極震動か。ま、詳しいことなど解りませぬが、大荒れなんて、今年限りにしてくださいね。

で、妻は、お節作りに大忙し。今年は、手作り品が、2品増えたそうな。なんでも、お隣さんとお節の具材を交換したらしい。妻が何を渡したのか知らないけれど、黒豆と田作りをゲット。でも、この2品って、我が家のお節の重箱で、1つのお重に黒豆がどさーっと。1つのお重に田作りがどさーっとあったんだよね。そりゃ、くわいとか、ほかのものもあったんだけど、黒豆と田作りが強く心に残っている。だから、それを中心に食べたものだった。けっこう、おいしかったよ。さて、お隣さんの黒豆と田作りはどんなお味でしょうね。それがまた楽しみ。しかし、お節料理を交換しあうっての、いいアイデアだよね。レシピも教えあったりするから、役に立ちますよね。そ、世の中みんな、助け合いなんだから。でも、私の母のレシピは、もうこの世にないから。
[PR]
by yosamuya2 | 2010-12-31 01:37

100グラム380円と880円の肉の違い。

b0196570_1145999.jpg


今日の我が家の夕食はすき焼きでした。すき焼きって言葉を聞くと、なんだかワクワクしますね。めったとないご馳走だからです。で、メインの肉は、また今年も、100グラム380円と、880円の肉の、二通りを200グラムずつ買ってみました。去年は780円の肉だけのワンパターンだったんだけど、味の違いを知るためにね。とにかく比べてみるのです。さらに具は、春菊、えのき、椎茸、ごぼう、もやし、白菜、ねぎ、麩、しらたき、焼き豆腐。妻は、大根とタマネギを入れる、と言ったんだけど、それはご勘弁願った。すき焼きって、地方によって、入れるものがいろいろ違うんですね。

で、プレートを熱して、脂で鍋をこすります。あれっ、つるんと落ちて、瞬く間に溶けてしまった。なんだ、こりゃ。普通、すき焼きの脂って、結構しっかりしていて、脂をしっかり出すが、なかなか小さくならない。とうとう、具材と一緒に埋もれてしまって、甘辛くなった脂の固まりがブニョッと存在感を放っている。えいっとばかり口に放り込むと、ほとんど脂なんだけど、微かに牛肉の名残が残りながら、口の中でぶわっとしている。これを味わうのもすき焼きのひとつ、なんだけど、それが消えてしまったなんて、ちょっとさみしい。

まず、380円の牛肉を味わう。うん、柔らかく味わいも深い。さすが380円。次に、880円の牛肉を味わう。口に運ぶと、霜降りの脂がトロトロで、赤身肉はとっても柔らかい。味わいも、思いっきり深い。さすがに倍以上の値段のことはありますね。霜降り肉でこそ、すき焼きとしての真価が発揮される。さらに、野菜などにも、旨味のエキスをしっかりと与えています。ところで、特においしかったのが、焼き豆腐。妻が豆腐屋さんに買いに行くと、ちょうどおばあさんが豆腐を串に刺して、炭火の上で焼いていたという。そういえば、豆腐の横に3本ほど串の後があります。そんな焼き豆腐だから、おいしいはずです。水切りをしっかりして焼いてあるので、ほどよい硬さ。焦げ目のついているところが、香ばしいというか特においしい。こんなにおいしい、焼き豆腐ははじめて。いつも、妻が買いに行っている豆腐屋さんだけど、この焼き豆腐には大感激でした。奈良の地に、感謝ですね。てなわけで、おいしかったすき焼きも終了。陸、880円の肉のお味は、どう?あっはっは、親バカですよね。
[PR]
by yosamuya2 | 2010-12-30 01:15

売りに出された家。

b0196570_1155931.jpg


しょっちゅう、土地や中古一戸建て、マンションなどの不動産チラシが入ってきます。その中の、一軒の中古住宅に目が止まりました。あれっ、この家は覚えがあるぞ、っと。古い住宅で、陸と散歩で、よく前を通っています。なんで、覚えているかというと、そのお宅には柿の木があります。その柿の木の下は、傾斜のあるコンクリートで道路面に続いている。ある秋の日に通りがかると、柿の実が、たわわに実っています。またしばらくして通りがかると、その家の前の路肩や、さらに下の道まで、柿の実が散らばっている。その前の道路も、坂になっていて、柿の落ちた場所によっては、数十メートルも転がることになる。

つまり、この家の人は、だ〜れも柿の手入れをしないんだと。確かに庭もあんまり手入れをしていない様子。玄関から、門扉まで手すりが付けられています。おそらく、ご高齢の方が住んでおられたんだなあ、と。きっと、もう、だれもいないんですね。息子さんか、娘さんのところに身を寄せていて、孫に囲まれて幸せな日々を過ごしているといいんですが。ま、それより、この柿の木に、手入れをしてくれる新しい住人が住んでくれる方が、木にとっても、家にとっても幸せなことでしょう。誰か、その家、買ってあげてくださいな。柿の木のある家です。奈良には、そんな売家が、結構あるんですよ。
[PR]
by yosamuya2 | 2010-12-29 01:16

奈良はうっすら雪景色。

b0196570_1501652.jpg


昨日の深夜に、ほんのちょっとだけなんだけど、吹雪のような状態になっていた。どうなることかと思ったけど、雪は直ぐに止んで、朝はうっすらと雪景色だったそうな。朝の散歩は、妻もつるん。陸もつるん。凍ったアスファルトの路面は避けて、乾いた場所をそろりそろりと歩いたそうな。こんなに寒いと、今年というか、この冬の寒さは、どうなるんだろうか。夏が暑すぎた反動が、これじゃ〜ちょっとつらいよね。

今日は、大和路へぐり・道の駅、くまがしステーションに野菜や花の買い出しに。年末は混むということだったので、早めに出発して、9時前には到着。さすがに早く着いた甲斐があって、駐車場にはすんなり入れました。年末は、8時半からやっています。妻の目的のものはすべて買えたようです。残念ながら、早過ぎて農ロールはなし。駐車場をあとにするとき、農ロールのパン屋さんの車が到着したとさ。ま、いいか。帰る頃には、日差しが出て、うっすらの雪も段々と溶けていましたよ。我が家の飾り花は、新春バージョンに変わりました。
[PR]
by yosamuya2 | 2010-12-28 01:50

やっと、シーズン最初のおでんです。

b0196570_0463898.jpg


去年は10月の終わり頃には、作っていたはずなんだけど、今年はなぜか遅くなって、やっとこさ昨日に作ることができました。おでんを作るのは、妻ではなく私です。そりゃね、たまにはね。あっ、でも、ゆで卵は妻に作ってもらいます。で、今回は、卵の空気のある場所に穴を開けてから、茹でてもらうことにした。テレビでその方法を紹介していたんです。穴を開けてから、卵を茹でると、茹でているうちに穴からお湯が入り、薄皮と卵本体の間に水分の膜ができて、皮をむくとつるんときれいにむけるらしい。だって、妻が作る、ゆで卵って、結構、表面がボロボロになっていることが多いから。私が以前やっていた方法は、卵が茹で上がったら、熱湯を捨て去って氷水をぶち込んで、卵を急速に冷やす。これだったんだけど。さて、穴を開けたゆで卵も、つるんときれいにむけたようです。妻も次回から、ゆで卵は、この方法でするという。皆さんお試しくださいね。空気のある丸い方に、穴を開けるんですよ。

大きなお鍋に、昆布を敷いて水から火を入れます。煮立ってきたら、大根とスジ肉を放り込む。しばし、灰汁取りじいさんに徹します。あらかた灰汁を取り終えたら、ここで昆布を引き上げる。この昆布は、妻がご飯の友を作ることでしょう。昆布を捨ててはいけませんよ。ここで、しゃもじに醤油3杯、味醂を5杯。調味料は、これだけです。あとは、薩摩揚げ、ごぼう天、はも天、竹輪、はんぺん、妻手作りのがんも、こんにゃく、餅入りきんちゃく、厚揚げ、シャウエッセンのウインナー。悲しいことにシャウエッセンって、1袋に6本しか入っていないんですね。大きさもいろいろなのに、よく1袋6本138グラムにまとめますね。これが不思議なんだな。悲しいけど、シャウエッセンが一番おいしいから。陸の好きな鶏肉の骨付き肉。で、大切なのは、鰯のつくねと、くるんと一巻きしてあるパリンパリンのおでん昆布。これが、おでんの出汁の決め手なんですよ。昼過ぎから、作り始めて、ことこと煮込んで、夕食時間には食べごろになるって寸法です。今回は、スジ肉が良かったら、その日の夕食にはトロットロになっていたんだけど、本当においしいのは、次の日なんですね。大根もこんにゃくも、なにもかも、中までしっかり味が染み込んでいます。実は明日もおでんなんだけど、私はまったく飽きない。だっておいしいから。本当に、おいしいおでんなら、数日食べ続けても、飽きることはないんですね。
[PR]
by yosamuya2 | 2010-12-27 00:46

雪が舞った、奈良の地。

b0196570_152019.jpg


妻が、今日の朝は寒かったんだから。雪も舞っていて、寒い寒い。と私に言う。ん、ん、ん?雪が降る、ではなく、雪が舞う。う〜ん、なんだそれ。と思っていた。昼前頃です。ちょっと日が陰って、白いものが舞いだした。一瞬、私は灰、なのかな、と思ってしまった。なぜなら、その雪は、あまりにも平面的で、ヒラヒラとしているから。もう最近はそんなこともできないけど、ほら、威勢良くたき火なんかをして、紙や新聞紙を放り込みますよね。その時に、小さな紙切れが、めらめらっと小さく燃え上がりながら、ずっと上に登りつめると今度はヒラヒラの灰になって降ってくる。そんな感じだったんですよ。どこかに、たき火のような暖があって、そこから真っ白いヒラヒラが降ってくる。でも、その暖は、雲間からチラッと顔を出す太陽で、再び雲に隠れると、ブルッと寒気が襲ってくる。確かに、妻が言うように、雪が舞っています。

夕方の散歩でも、雪が舞っていました。舞って舞って、地面に落ちるけど。痕跡を残さず、たちまち道路は乾いている。陸のカラダにも、私の衣服にも、ほんのしばらくまとわりついて、あっという間にどこかに飛んでいく。いや、消えているのかもしれない。空はどんより曇っているわけでもなく、むしろ日が差したりする。ちょっと高台に出ると、奈良盆地の上空、あちこちに雪雲らしきものが見える。ふ〜う。奈良って、空が広いですね。そうか、12月は舞う雪なんですね。で、1月は降る雪で、2月は積もる雪。これからは、まだまだ寒くなりそうです。皆さん、くれぐれも風邪には注意しましょうね。ネギを食べましょうね。風邪予防に、誰かがそんなことをいっていた。ネギかあ。おいしいよね。奈良には、いろいろなネギがあるからね。
[PR]
by yosamuya2 | 2010-12-26 01:52

我が家のクリスマスは、ロールケーキ。

b0196570_1295098.jpg


今日は、スーパーに買物に車で出掛けた。途中にあるケーキ屋さんは、普段はいることのないガードマンさんもいて、駐車場は車がいっぱい。ケーキのお渡し場所は、ひっきりなしに人が訪れている。これが、信号待ちで見た風景。クリスマスケーキって、人気なんだね。で、目的のスーパーに到着した。ここの駐車場にも露店が出ていて、クリスマスケーキを売っている。女性の販売員が、全品半額です、とちょっぴり寂しそうな声で呼び込みをしていた。午後3時過ぎなのに、もう半額なんだね、と妻に言う。それは珍しいわ、と妻が。もちろん、私たちは買いません。そんなの、必要ないもの。ケーキ屋さんにもいろいろあるもんだ。売れ残ったケーキ、どうするんだろうか、などと、勝手な心配。

で、家に帰り、陸との散歩も済ませ、風呂に入って、食事も済ませて、一段落。すると、妻がロールケーキあるからね、と。いつの間に作ったんだろう。柔らかそうなスポンジに、栗が入ったクリームが詰まっている。妻が10月に、いろいろ下ごしらえしていた栗がここにも入っているんだね。なんせ今年の妻は、いっぱいの栗をむいたんだから、としみじみ。さて、フォークをロールケーキにおろす。スポンジケーキがふわっふわ。クリームと一緒に口の中に運ぶ。ふわっふわで、栗がコロンで、クリームがおいしい。ん、これはマロンクリームが入っている。甘さも控え目で、こりゃ、おいしいわ、で、あっという間に、食べちゃった。これは、以前の12月14日のブログで紹介した農ロール冬バージョンにも、ひけをとりませんぞ。などと。居間に妻は、陸と一緒に食べたらしい。どうして陸はケーキ好きなのかねえ。そんな我が家のクリスマスでした。
[PR]
by yosamuya2 | 2010-12-25 01:30

気のせいか、夕日の沈むのが遅くなったような。

b0196570_1501631.jpg


夕方は、いつも陸と散歩に出ます。4時過ぎに出て、陸の歩きたい方に、おまかせ。ぶらりぶらりと、1時間歩く。段々と、空が暗くなってくる。昨日は、冬至でした。妻は、柚子を入れるのを忘れたという。ま、そんなことはどうでもいいじゃないか、と私。でもね、いっぱいの柚子があるんですね、我が家には。あんまり柚子を入れすぎると、素肌にピリピリするから。歳を重ねると、肌にも元気がなくなってくるから、いつも通りの風呂がいいかもね。

おっと、陸との散歩でした。5時15分頃には、我が家に近くなっている。で、今日の空は、天気も良かったから、かなり明るく感じた。帰って調べると、12月12日までが、日没時間が午後4時46分。今日の23日は、午後4時51分。もう5分も早くなっていたんだ。でも、ここからが寒くなるんだよね。

陸が私の机の下で、まあるくなっている。鼻と尻尾が、ほとんどくっついている。今夜は冷えるんだろうな。皆さん、風邪など引かないように。
[PR]
by yosamuya2 | 2010-12-24 01:50

父が唐揚げを、お持ち帰り。

b0196570_1391671.jpg


先日、お墓参りの帰りに、父と一緒に「なら和み館」という、和食のレストランに入った。ここは、店舗の半分以上がいわゆる奈良の土産物屋で、2階は団体客用のレストランになっている。ちょうどその日も、観光バスが2台、止まっていた。私が行くのは、ほぼ1年ぶり。で、私は父と同じく唐揚げ定食を頼んだ。以前行ったときは、妻も一緒で、その時は茶粥定食を食べたのだ。膳が運ばれてきた。私は、次々と鉢や皿に手をつける。う〜ん、そこそこおいしい。お造りも、なかなか、いいネタを仕込んである。ま、土産物屋さんにしては、そこそこ美味しいのがこのレストランの特徴かも。父は、メインの唐揚げを1つだけ食べた。で、ほかのものは結構食べている。私も、ほとんど食べ終わって、唐揚げは1つだけ残っている。ところが、父の唐揚げはほとんど残っているのだ。私は、父が頼んだ唐揚げを食べないことに、ちょっとイヤな感じ。食べないのなら、何で注文するのかなあ。もったいないのに。父は、鶏肉の唐揚げ以外を、あらかた食べ終わると、私に、その紙をとってんか、と、テーブルのティッシュを差して言った。2枚、3枚と取って父に手渡すと、父はその紙の上に、食べ残した唐揚げを盛った。なるほど、そういうことだったんだ。つまり、父にとっては、ここの唐揚げがおいしいことは知っていて、定食では全てを食べきれないことは解っていて、それで他のものを中心に食べて、唐揚げは残した。で、残した唐揚げをお持ち帰りにした、というわけなんですね。

思わず私は気持ちが安らいだ。好き嫌いの激しい父ですが、自分が食べたいと思うものは決してムダにしない。父も、食材は大事にしているんですね。そういえば、外食のレストランでよくありますよね。食べ終わった皿に、結構、材料が残っていることが。嫌いなのか。おいしくないのか。でも、もったいないですね。大量に残すくらいだったら、その店で食べなければいいのにってね。そういえば、かなり昔の子どもの頃なんだけど、父がよく折り詰めの箱を持って帰ったことがあった。今から思えば、宴会とかがあって、いっぱいの料理が出てくる。で、食べきれなかった料理を折り箱に詰めて、家に持って帰る、という風習だったかも。結婚式や、お葬式などでは、初めから折り詰めが用意されていたような記憶がある。だから、子供心に、その折り詰めが結構楽しみだったんですね。めったに食べられないおかずということで。これからは、おいしいお店に食べに行くときは、密封容器を用意していくといいのかも。それこそ、世の中は忘年会シーズンです。ご家庭のために、食べ残ったら、料理を持ち帰ったらいかがですか。でも、結局は、持ち帰るほど、おいしい料理のないのが、現実なのかも。本当においしい飲み屋さんなら、お持ち帰りのパックを用意しておけば、客も家庭円満につながるのかも。

ところで、「なら和み館」は、奈良ホテルの直ぐ向かいにあります。「なら和み館」は、「ホテルアジール・奈良」の系列みたいです。その系列レストランに西大寺にある「スペイン料理PICAPICA」があります。ふーん、コンセプトがわかんないんだけど。ま、おいしければ、良しです。
[PR]
by yosamuya2 | 2010-12-23 01:39


日々、てきとーに思いついたことをなんでもかんでも書いてまいります。


by yosamuya2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

フォロー中のブログ

最新のコメント

おいしそう。
by 民進党大嫌い at 00:01
あきこさん、久しぶり。カ..
by yosamuya2 at 19:21
山田家のお節、ほんとにす..
by あきこ at 13:04
お久しぶりです。 法華..
by やまちゃん at 20:03
携帯ゲームの地位を高めた..
by モバゲー at 12:45
スタービーチがリニューア..
by スター ビーチ at 14:36
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:35
あなたの適正年収はいくら..
by 適正年収 at 12:31
そろそろ、真剣にデジイチ..
by 夜寒 at 23:12
うん、コンデジの限界でし..
by 名古屋のやまちゃん at 21:59

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

夏はうちわ、池田含香堂の団扇。
at 2016-07-17 21:09
さよなら、ダイハツ・ムーヴ。
at 2016-07-13 16:27
辛い、効く〜、おいしい、きみ..
at 2016-07-12 10:02
気持ちいいぞ、昼前のお風呂。
at 2016-07-07 12:21
今日、妻がひとつ歳を重ねた。
at 2016-07-03 15:21

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧