<   2011年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

なんだ?空気ケーキって、なんだ?

b0196570_21543464.jpg


そうそう、私がひっさしぶりに東大寺の大仏殿に行くその前に、奈良市街の高畑町の近くを、ちょっとうろうろして。奈良市写真美術館の駐車場に車を入れて、ちょっと周辺を歩こうか、ということになった。この駐車場は1時間までは無料だから、ちょっとお得なのです。あとは1時間ごとに300円だったと思う。たぶん。さらに、この写真美術館の近くには、新薬師寺があります。本当に、小さなお寺です。このお寺は、8世紀中頃には、もっともっと敷地も大きかった。でも、お寺が焼けたり、敷地が削られたり、今の姿になっちゃったんだけど、昔はどんなだったんでしょうね。ちなみにお寺を造ったのは、聖武天皇の奥様の光明皇后ですよ。おっと、そんな話じゃなかった。また、車に乗って、その近辺をちょこちょこと走り回っていたら、突如、妻が、この近くに、空気ケーキっていうお店があって、そこに行きたいという。女性って、本当に甘いものには、目がないですよね。そこは、高畑町ってところにある。その「空気ケーキ」ってお店のオープンは2008年の10月で、ケーキはふわふわったした感じで、バニラやリキュールの香りを加えていない、味わいや食感を大切にしたおいしさ、なんだそうです。

空気ケーキのホームページはこちらです。
http://www.kuukicake.com/top.html

で、食べました。クセがなくって、なるほど、空気ってのは無香料ってことですかね〜。もちろん、おいしいです。でも、よく思うんだけど、おいしいケーキ。とってもおいしいケーキ。凄くおいしいケーキ。その差が、まったくわからない。で、この味は、ここのケーキ屋さんだ、ってのもわかりにくい。ケーキっていうのは、ほとんど完成されすぎて、オリジナリティが分からなくなりそうな気がする。ってほど、しょっちゅう、ケーキを食べるわけでもないんだけど。私は、そこそこおいしいケーキで十分なんだけど。後は、見た目でどれだけワクワクするかですね。食べたら、大抵は、そこそこおいしいのですから。
[PR]
by yosamuya2 | 2011-11-29 21:54

久しぶりに東大寺大仏殿。

b0196570_14435656.jpg


先日のことだ。夜に奈良に出掛ける用事があった。久々に高校時代の友人たちと、一年ぶりの飲み会だった。ついでといっちゃなんだが、図書館にも行って、本の返却と貸し出しを済ましておこうと、早めに家を出た。残念ながら図書館は、祝日のために閉館中。これは迂闊だった。で、あまりにも時間が早いため、妻と高畑町の写真美術館やその周辺道路を走りながら、紅葉を探したのだが、どうも今年は色づきが悪い。遅いのか早いのか。それでいて落葉は進んでいるような。そんな中で、ふと思い立って、私は東大寺の前で下ろしてもらい、妻は走り去った。東大寺の南大門まで続く参道。ここまでは歩いたことがあるが、南大門から先は小学生の遠足以来かもしれない。つまり、50年ぶり。奈良に生まれ育ちながら、あまりにも遠ざかりすぎかなあ。奈良といえば、大仏と鹿で、そのイメージにとらわれすぎることに反発していたのかもしれない。奈良の寺は東大寺や法隆寺ばかりではないし、鹿は春日大社において神の使いであり、国の天然記念物ではあるが、奈良のすべてではない。とってもかわいいけどね。鹿せんべいを買い与えたくなるのは当然だ。ところで、この参道で、老鹿が観光客の落としたパンフレットを拾い上げむしゃむしゃと食べていた。観光客の皆さまには、そういった紙類を落としたままにしたり、紙など決して鹿に食べさせないようにしてほしいです。鹿の病気の元となりますから。さすがに祝日、大仏殿は人がいっぱい。修学旅行と思われる学生たちも見かける。やはり、なんだかんだ言っても人気は一番。さて、大仏殿の中に入る。大仏さま、正しくは盧舎那仏、さらには銅像盧舎那仏坐像の名で国宝に指定されている、が鎮座しています。当たり前ですが大きい。座高は15メートル。とにかくでかい。今から1268年前に、こんなにでかいもの作ろうとした、その動機には並々ならぬ思いがあったはず。作ろうと大号令を発したのは天武天皇で、のべ260万人が作るために働いたという。その大仏の威光で鎮めようとした厄災は当時としては厄介なものだったのでしょう。当時は飢饉や疫病が大発生したらしい。今なら、無縁のものだが、地震や津波は、今も避けようがない。今こそ地震や津波に強い国づくりへ、と誰かが大号令をかけても良さそうだが、100年に一度だから必要ないと及び腰になるのは、己の営利ばかりを考えるからでしょうね。なので、この場所で私にできることは、これ以上、地震や津波、災害などが起こらぬようにと大仏さまに祈ることしかない。祈り終わって見上げると、やはり大きい。これほどの迫力があれば、厄災などは寄りつきもしないと、1200年以上も前の人は本当に思ったでしょうね。そうか、私も、近年は神仏に無病息災を祈ることもなかったから、今年の入院なんてことが起こったも知れぬ。何事も普段からの心掛け。この冬も、節電、節電と。
[PR]
by yosamuya2 | 2011-11-27 14:44

朝は、かぼすおぼろ月見うどん。

b0196570_14185111.jpg


昨日の夜は、私が外で食べて帰ったから、この朝にご飯は用意できないはずだった。では朝に、何が登場するのか。通常ならトーストパン。しかし、そのパンも切らしているはず。って、ことは、何が出てくるのか。その答えは、ダイニングから漂ってくる匂いですぐに解った。わ〜っと部屋を包み込むようなかつお出汁の匂い。部屋いっぱいに満ちている、この匂いを嗅ぐと食欲がわくから不思議だよね。匂いに、甘いの辛いのというのならば、かつおというのは旨味の幅の広さを感じさせる、そんな匂いかもしれない。うどん屋の、東京なら蕎麦屋だが、そのかつおと醤油が入り交じったその匂いとはまた違う。もっと純粋にかつおがまさっている。かつお節には、昆布とはまた違う、乾いた旨味というのがあるのかもしれない。じゃ〜椎茸の旨みって、どんな匂いなんだよ、と突っ込まれそうですね。市販のうどん出汁では、ここまで純粋な香りはないから。ま、ともあれ、朝のうどんである。麺は妻のふるさとから送ってきてくれたもの。しっかりとコシがあって、これがまた旨い。まず妻は、少々ネギを散らした、すうどんを持ってくる。つまり、出汁つゆの中にうどんが入っているだけ。卵が用意してある。さらに大盛り用のネギが。おぼろ昆布が。かぼすが。まずは、卵を割り入れる。もちろん、直ぐには食べない。十分温めておく。つゆをすすり、アツアツ麺をつるつると吸い込む。かつお節と日田醤油で作る妻のだし汁は、本当に旨い。ここで、しっかりと出汁を確かめる。次に、かぼすを絞り入れる。そしてまた、出汁をすする。非常にサッパリした味わいになる。そして、麺もつゆも残りが半分くらいになったら、おぼろ昆布を入れるのである。するとまた、違う味わいになる。ちょっぴりまろやかになったような。昆布のいい匂いが広がり、口の中にはまたひとつの味わいが増す。そんなわけで、朝は、かぼすおぼろ月見うどん。おいしいよ〜。
[PR]
by yosamuya2 | 2011-11-20 14:19

子どもの頃、好きだったバターボール。

b0196570_014871.jpg


スーパーでバター飴のバターボールなるものが売られていた。そういえば、子どもの頃、バターボールという飴をたま〜に食べたことがある。たま〜にというのは、お菓子の中でも、そんなにしょっちゅう食べられるような日常的なお菓子ではなかったと思う。あの上品な味の、北海道バター飴ではなくって、まるでバター風味の甘さが子どもの舌を刺激した飴のことだ。その頃も、食パンというのがあって、今でもあるけど、マーガリンを塗って食べるのが一般的だった。バターは高級品で日常的に使うものではなかったから。だから、マーガリンボールではなくって、バターボールが普段はめったに味わえないご馳走的なお菓子だったのかもしれない。で、スーパーで見かけたとき、ふと買ってみた。さっそく、口に放り込んでみる。強い甘さが口に広がると同時にバターのような風味が確かにある。そういえば、かなり前に、北海道のバター飴というのをお土産にもらったことがある。確かにバターの味はするが、上品すぎて印象がいまいち。それに比べて、一般的なバターボールは、味にインパクトが強い。それだけに、しょっちゅう食べようとは思わないのが難点かもしれない。だから、たま〜に味わいたくなるバターボールで、パインアメと同じ程度の嗜好品だね。そういえば、パインアメも長い間買っていない。そろそろ、奈良市内の飴屋さんにも行かなくっちゃ。ここは、単なる街中の小さな商店なんだけど、この店内で手作りで飴を作っているんだよね。今度、行ったらブログで紹介しますね。
[PR]
by yosamuya2 | 2011-11-18 00:02

携帯カメラって、意外ときれいに撮れる。

b0196570_013921.jpg


携帯電話の機種を変更してから3週間です。で、おそるおそる、携帯でもって写真を撮り始めた。で、これが写真が結構きれいなんです。そりゃ〜、ズームもなにもない単焦点レンズですが、さすがに800万画素のカメラ機能。まあ、夕暮れ時とかは、ちょっと手ブレするみたいで、きれいには撮せませんが、これだけコンパクトで手軽に写真が撮れるのなら、大満足です。よく皆さんが、携帯電話をかざしてパシャパシャとやっていて、きれいに撮れるわけでもないのに、なんてバカにしていましたが、いや〜びっくりのきれいさでした。ごめんなさい。今や1600万画素の携帯カメラがありますが、それだったらどんなにきれいなんでしょ。ってことは、ちゃっちいコンパクトデジカメなんて必要ないですね。こんど4年後に携帯機種を変更する頃には、携帯カメラは5000万画素くらいになっているのでしょうか。そういえば、デジカメ講座ってのはテレビの教育テレビでもやっているけれど、携帯カメラ講座ってのはテレビでやっていませんね。ネットでは携帯カメラ講座あるみたいだから。これからは、コンパクトデジカメより、携帯カメラの時代ですね。使っていて、そんな感じがしました。
[PR]
by yosamuya2 | 2011-11-17 00:13

錦見鋳造のフライパン、購入しました。

b0196570_1536467.jpg


ちょっと前ですが、あの、知っている人は知っている、錦見鋳造のフライパンを妻が購入しました。この夏、2年前にホームセンターで購入した安いメイドイン・チャイナのフライパンが、柄の部分が腐食しちゃって、もう使えなくなりました。で、もっと古いフライパンを焦がしながらダマしダマし使っていたんですが、いつも妻は新しいフライパンがほしい、とこぼしている。でも、数年でテフロンが禿げちゃったり、柄が壊れたりするのは、もう勘弁。ネットでいろいろ調べてみると、やっぱり多層構造やテフロン加工の様に小細工しているより、昔ながらの鉄のフライパンが一番いいらしい。そういえば、中華屋さんだって、中華鍋は鉄のものを使っていますよね。決してテフロン加工や、アルミ鍋を使っているところはない。おまけにIHではない。IHはどうも調理道具の寿命を短くするみたいです。ま、ウチはガスですから。そんなわけで、鉄のフライパンを調べてみると、三重県の錦見鋳造のフライパンが良いらしい。しかし、手に入るまでなんと2年待ちだそうな。これは、しょうがないね。一度、百貨店でも行ってみるかと。で、先日、とある百貨店にぶらりと立ち寄ってみました。で、ほんのちょっと隅っこにある小さな家庭用品のスペース。輸入物の調理道具が並んでいる、おっとメイドイン・チャイナじゃないですからね。ドイツ製が多かった。そんな中に、シンプルな形のプライパンに、写真で見たことがある小さな説明書が乗っている。よく見ると、なんと錦見鋳造のフライパン、28センチでした。値段は、1万2600円。えっ、ネットの販売価格と同じじゃん。おそるおそる定員さんに、この商品は在庫があるんですかと、聞いた。もちろん、ございますが、という。やった〜。はい、これ、お願いしますと、即、ゲットです。百貨店で、こんなに簡単に買えるなんて〜。で、使い勝手は思いの外、軽くって使い心地が良さそう、と妻が言っています。早速作った、大根葉の炒め物もおいしかった。やっぱり、ホームセンターで売っている粗悪なフライパンを数年で何本もダメにするより、高くっても一生もののフライパンを使いこなす方が、ゴミも出ないから環境には優しいですよね。と、思った次第。とにかく、やっぱりいいらしいですよ、錦見鋳造のフライパン。
[PR]
by yosamuya2 | 2011-11-14 15:36

奈良検定の教科書、買いました。

b0196570_14561057.jpg


別に奈良まほろば検定の試験を受けるわけでもないんですが、奈良に住んでいる限りは、奈良のことをある程度は知っておこうと思って、ね。ちょっと、買ってみました。ちょっとも沢山もないけど、教科書はひとつだから。試験を受けるわけではないので、問題集までは買いません。で、パラパラとページを繰ってみると、まず「奈良の地勢」があって、「奈良の歴史」が書かれています。ふむふむ、なるほどと。いわば、ちょっと詳しい教科書って感じです。で、次の章は、「奈良の史跡・名所」が始まります。いよいよ、拠点の説明ですね。最初に出てくるのは、「春日大社」。もちろん、知っています、よ。で、次はその説明です。「第一殿(武甕槌命)は茨城県の鹿島神宮、第二殿(經津主命)は千葉県の香取神宮、第三殿(天兒屋根命)と第四殿(比売神)は大阪府の枚岡神社から、それぞれ春日の地に迎えられた神様が祀られている。」ときたもんだ。ええ〜、春日大社って、4つも社があるんですか〜。知らなかった。で〜、この武甕槌命ってのは、なんなんだ。ルビが振ってあります。たけみかづちのみこと、だそうです。古事記や日本書紀に登場する神様らしい。漢字変換も大変だあ。經も兒も旧字を使っていやがる。やだねえ。ところで、ちょっと調べてみると、この第四殿に祀られている神様、この教科書では単に比売神となっていますが、ウィキペディアで調べると、天美津玉照比売神となって、あめのこやねのみことの奥さんで、あめのみつたまてるひめのみことだそうですよ。と、まあ、知らないことに愕然としたり。で、比売神の売の漢字は、旧字体の賣になっていないと、ちょっと突っ込みを入れたりして。しかし日本語も漢字も不思議だねえ。難しいねえ。

あ、そうそう、なんで私が奈良検定を受ける気が、サラサラないのはどうしてか。それは試験日に問題があるからです。なんと試験日は平成24年1月8日(日)ですよ。毎年、1月に行われているんです。大学入試じゃあるまいに、なんでこんな寒い時期にするのですか。おまけに奈良の冬は意外と寒い。そりゃ〜若い人は元気でいいでしょうけど、仕事をリタイヤしてから受けようと思っている人も多いと聞きます。お年を召した方には、厳寒は危険なんですよ。だから、4月の初めとか、サクラが満開の季節に試験をすればいいのですよ。その頃には、寒かった奈良も少しは穏やかな季節になっていますから。ただでさえも、奈良検定は受験者が毎年減少しているんですよ。だったら、もっとみんなが気持ち良く受験できる季節しなさいな。そんな心地良い季節なら、私も花見がてらに受験するかもね。ま、少しは試験日、考えてくださいな。
[PR]
by yosamuya2 | 2011-11-13 14:56

鳥羽の若布と弥栄の味噌で、おいしい味噌汁。

b0196570_2353474.jpg


ありゃ〜、せっかくの味噌汁写真がピンボケしちゃった。どうも最近、このカメラはピンボケ写真が多くなっているな〜、と下手な写真をカメラのせいにしている私。いつも使っているコンパクトデジカメ、ニコンP5000も使用歴が4年以上も経過しました。時々、レンズカバーが半分だけ閉じなくなったり、たま〜にレンズの収納時にカシャンカシャンと変な音が鳴るようになったけど、故障とまでいかないのがニコンのしぶとさかもしれない。さすがに、メイドイン・インドネシアですね。そろそろ新しいデジカメ、今度はデジタル一眼かななどと考えて、時々は家電量販店のカメラコーナーを見ていたのですが、とうとうニコンのエントリーカメラ、D7000、D5100、D3100は売場から消えましたね。タイの洪水がニコンのカメラを押し流したようです。情けないニコン。でも、ミラーレスのニコン1が並んでしました。ニコン1はメイドイン・チャイナだから、品揃えには全く影響はないようです。う〜ん、でも値段が高いわな。やっぱり、キヤノンかな、などと。おっと、味噌汁の話でした。妻が一泊旅行のお土産で買ってきた鳥羽産のワカメを味噌汁に使ったもの。決して産地擬装じゃありませんよ。その販売店では大阪の百貨店にも鳥羽産若布を納品しているそうです。そして味噌は島根県弥栄産の田舎味噌。ご近所さんや、来客にも人気のおいしい味噌汁ができるんですよ。というお話しでした。
[PR]
by yosamuya2 | 2011-11-12 23:53

関西のおばちゃん。

b0196570_234114100.jpg


ほんの一泊旅行だが、妻はいろいろな話をしてくれた。その中で、印象的なお話し。バスタオルである。旅館に着き、部屋に通されると、浴衣やバスタオルが用意してある。その旅館もそうだったらしい。で、大浴場に行ったとき、その大浴場でも、部屋にセッティングしているのと同じバスタオルが、脱衣所にも用意してあったという。で、その場所で、一緒に旅行に行ったご近所さんは、バスタオルもお持ち帰りになったそうな。まあ、一枚くらいだったら、わかんないんでしょうけど。記念かな。朝食はバイキング形式だったそうな。ご近所さんは、よく食べる食べるで、妻はびっくりしていた。で、その時に、スティックに入った海苔の佃煮が何本かテーブル上に容器に入れて用意されていたらしい。で、それもすべて持って帰ったんだって。私は、その話を聞いて、笑ってしまった。これこそが、厚かましい関西のおばちゃん、だったのですね。がめつい、というより、むしろあっけらかんとした可愛さ、可笑しさを感じるのは、私もだんだんと関西に馴染んできたからかなあ。関西のおばちゃんって、いっぱいいるんですね。びっくりしたあ〜。
[PR]
by yosamuya2 | 2011-11-10 23:41

関西のおばちゃん。

b0196570_2340899.jpg


ほんの一泊旅行だが、妻はいろいろな話をしてくれた。その中で、印象的なお話し。バスタオルである。旅館に着き、部屋に通されると、浴衣やバスタオルが用意してある。その旅館もそうだったらしい。で、大浴場に行ったとき、その大浴場でも、部屋にセッティングしているのと同じバスタオルが、脱衣所にも用意してあったという。で、その場所で、一緒に旅行に行ったご近所さんは、バスタオルもお持ち帰りになったそうな。まあ、一枚くらいだったら、わかんないんでしょうけど。記念かな。朝食はバイキング形式だったそうな。ご近所さんは、よく食べる食べるで、妻はびっくりしていた。で、その時に、スティックに入った海苔の佃煮が何本かテーブル上に容器に入れて用意されていたらしい。で、それもすべて持って帰ったんだって。私は、その話を聞いて、笑ってしまった。これこそが、厚かましい関西のおばちゃん、だったのですね。がめつい、というより、むしろあっけらかんとした可愛さ、可笑しさを感じるのは、私もだんだんと関西に馴染んできたからかなあ。関西のおばちゃんって、いっぱいいるんですね。びっくりしたあ〜。
[PR]
by yosamuya2 | 2011-11-10 23:40


日々、てきとーに思いついたことをなんでもかんでも書いてまいります。


by yosamuya2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

フォロー中のブログ

最新のコメント

おいしそう。
by 民進党大嫌い at 00:01
あきこさん、久しぶり。カ..
by yosamuya2 at 19:21
山田家のお節、ほんとにす..
by あきこ at 13:04
お久しぶりです。 法華..
by やまちゃん at 20:03
携帯ゲームの地位を高めた..
by モバゲー at 12:45
スタービーチがリニューア..
by スター ビーチ at 14:36
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:35
あなたの適正年収はいくら..
by 適正年収 at 12:31
そろそろ、真剣にデジイチ..
by 夜寒 at 23:12
うん、コンデジの限界でし..
by 名古屋のやまちゃん at 21:59

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

夏はうちわ、池田含香堂の団扇。
at 2016-07-17 21:09
さよなら、ダイハツ・ムーヴ。
at 2016-07-13 16:27
辛い、効く〜、おいしい、きみ..
at 2016-07-12 10:02
気持ちいいぞ、昼前のお風呂。
at 2016-07-07 12:21
今日、妻がひとつ歳を重ねた。
at 2016-07-03 15:21

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧