<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

陸〜、お帰り〜。

b0196570_0255499.jpg


木曜日に手術が終わった陸を日曜日に迎えに行くということで、ちょっと早いけど3時過ぎに動物病院に行ったが、担当の先生は他のワンちゃんの手術中と言うことで、5時過ぎに再度出直しとなりました。あと1時間40分ほど時間があります。このまま家に帰るのも落ち着かないから、気分転換に近所の公園で時間を潰すことに。時間はまだまだの午後4時ちょっと前。天気は良く、日差しは燦々と降り注ぎます。直射日光にあたると、じんわり暑さを感じる、しかし木陰にはいると、渡る風がとても気持ちいい。木々の葉っぱは青々として輝いている。すっかり夏色のように緑が濃くなっています。今が一番いい季節ですね。そのうち、鬱陶しい梅雨。そして熱暑の夏。今年も暑いのかなあ。とはいえ、今を精一杯楽しんでおきましょうか。もうちょっと時間が遅ければ、陸の散歩にちょうどいいんだけど。ふと見渡すと木陰の下のベンチで、将棋を指すお二人のご老人。なるほどねえ。将棋か。程良く、頭を使うし、お金も掛からない。5年前に高知に旅行したとき、1月の寒いときだったけど、公園では将棋をしている人がいっぱいいたなあ。大抵の人が、この公園のようにお年寄りの人だった。ボケ防止には、将棋がいいのかも。さて、こちらの公園です。薄い木の二つ折りの将棋盤のようです。ぱちりと音が聞こえた。あれっ、次のぱちりが聞こえない。考え中らしい。などと、時間を過ごしながら、5時が近づいてきたので、病院に向かう。妻が先に入り、私は駐車場に車を止めて病院に入ると、すでに妻は診察室に入って、先生の話を聞いていた。ほどなく、動物看護師さんに連れられて陸が入ってきた。首には、しっかりとアニマルネッカーを着けています。見た一瞬、陸ではないような。それほど陸が老けて見えた。やっぱり犬でも、疲労や苦痛の経過は顔に出るんですね。入ってきた陸は、先生の前で椅子に座っている私や妻の膝の上に前脚を乗せて、く〜んく〜んと甘えるような仕草をする。これには、びっくり。こびへつらうことなど無い陸が、ここまで甘えるとは。すると先生も、まるで子犬のように甘えたという。4日間もあずけられから、かなり寂しかったのだろう。さっそく私はリードを付け替えて、部屋を出て、すたこらと病院を出ようとする陸を押さえながら、外に出て、まっしぐらに駐車場の車に向かうのだった。さあ、陸、帰ろうね。やがて妻も乗り込み、私はいつにもまして、家路をゆっくりとゆっくりと車を走らすのだった。
[PR]
by yosamuya2 | 2012-05-29 00:26

陸の鼻血が止まらない。

b0196570_16132012.jpg


昨日のことです。午前に父を病院に連れて行って、昼に食事をして家に帰ってきました。玄関の入口の前に来ると、ガラスの向こうに陸の姿がぼんやり見える。だんだんと暑くなってきましたから、最近の昼間は玄関のタイルの上で寝るようになっています。そして、ガラッと戸を開けて、「陸、ただいま〜」と声を掛けると、いつものように、起き上がってしっぽを振り、迎えてくれる。ふと、タイルの上を見ると、血が点々と落ちている。なんだ、これは。陸がケガをしたのか。妻に、陸が血を出している、と叫ぶと、陸は鼻血を出していた。よ〜く陸の顔を見ると、鼻の穴からじわりじわりと血がにじんでいる。どうする?と妻に言うと、直ぐに医者に連れていくという。一応、陸が鼻をぶつけたのではないかと、各部屋のガラス戸を調べてみるが、何の異常もない。まあ、陸もそんなへまをするわけがないよね。原因はなんだ?と考えるより、とにかく動物病院に連れて行くことを優先。ところが、陸です。鼻の穴にたまってくる血が気持ち悪いのでしょう。鼻水をフンと飛ばすようにするから、その度に血しぶきのように回りに飛び散る。とにかく、陸を車に押し込んで、しゅっぱーつ。病院に着くまでの間、妻の絶叫が車の中に響きます。「陸、じっとして〜」。その度に、また陸がフンとやってしまう。ちらっと、後ろを見ると車の中は血だらけ。やっと休憩時間中の動物病院に到着。途中で病院に電話を入れてあるので、暗い病院の中に妻は嫌がる陸を連れて入った。私も車を駐めて病院に入ると、中で係の人が洗剤を片手に拭き掃除をしている。そうか、ここでも陸がフンとやったから、血が飛び散ったのだろう。休憩時間で良かった。いつものように患者というか、患犬や患猫の飼い主さんでいっぱいだと大パニックになったことでしょう。最小限の迷惑で良かった。病室に入ると、相変わらず逃げようとする陸。ちょっと担当の獣医さんは手術中で、院長先生に診察していただいた。とりあえず、陸は興奮しているので鎮静剤を注射。ようやく、鼻血も治まった感じです。で、私たちはそのまま陸をあずけて帰りました。なんで、あずけたかというと、本当は本日、陸の脾臓摘出の手術だったのです。だから、今日の朝に陸を連れて行って、手術に望むはずだったのですが、一日早いおあずけになってしまった。

さて、今日の朝です。病院から電話が掛かってきました。手術前の緊急連絡です。なおも陸の鼻血は止まらないようです。でも、手術は予定通りに行うそうです。ただし、鼻血が止まらないので、輸血を行いながら脾臓の摘出手術を行うようです。輸血!?えらく、大層なことになってきました。もうあとは先生方にまかせるしかないのだけれど、これが陸にとって、ほんとうに良かったことなんだろうか。昨日、動物病院の診察台の上で、逃げようとする陸を懸命になだめながら動物看護師さんと押さえていた。そのとき、陸の目から涙が2粒、ぽろりぽろりと流れて落ちた。その涙は、キラリと輝きとってもきれいだった。「陸、泣かないでいいから」となだめたけれど。あの涙は、何?陸のどんな思いから出たものだったのか。苦しい。さびしい。痛い。かなしい。置いていかないで。連れて帰って。陸のこころの叫びを、ほんとうにわかっているのか。今、陸は私たちとは離れてひとりでいる。手術は、どうだったのだろうか。手術だからしょうがないんだけれど、陸を置いてきて、それで良かったのだろうか。元気になってほしいのは当然だけど。昨日まで、ほぼ普段と変わりなく歩いたり寝そべっていたりしていただけに、鼻血にはびっくりしたが。電話で先生は、鼻血が止まらないのは、脾臓の内出血、脾臓外への出血などの影響もあるかもしれないと言った。陸も13歳のおじいちゃんなんだけど、ここまできて急に?内出血に、鼻血?考えても考えても、わからない。
[PR]
by yosamuya2 | 2012-05-24 16:13

あれから、もう3年、です。

b0196570_23143444.jpg


朝からお寺へ。今日は、母の3年目の命日。実は、去年、おとどしと、母の一周忌や三回忌は行わなかった。父が、どうしてもするとは言わなかった。妻は、なんだか歯痒い思いをしていましたが。私は、父の思うとおりで良いと。母の四十九日のときに、母の従兄弟たちが集まったんだけれど、そのときにあんまり母の話題が出なくって、父が寂しい思いをしたからだと思う。私だってお義理で来ていただくより、本当の身内だけのお墓参りで十分だと悟ったから。要は、故人を偲ぶこと。まあ、集まる方は故人そっちのけの話が多いでしょうから。そうか、お寺さんの出番は少なくなるよね。それも時代の流れです。ところで父は、たぶんほぼ毎日、仏壇に線香を上げている。「お母ちゃんが喜ぶから」と私たちに言い、自分にも言い聞かせているのだろう。母はとっくに亡くなっているのだし、むしろ線香の火の始末が心配になる。だから、そんな心配を、母は喜ぶはずがない。どうして毎日、線香をあげるのか。それで、母を偲んでいるのならしょうがないが。生前は、どうだったのだろうか。おそらく、もっと良くしてやれば良かった。そんな後悔が、父に心の中にあるのかもしれない。亡くなった人を喜ばすことなど、決してできるはずがない。遅いのだ。きっと、母も喜ぶことでしょう、なんて言うのは、生者の言い訳なんだよね。だったら、なぜ、あのときに、もっと大切にしてやらなかったのか。そういう偽善が世の中に蔓延している気がする。喜びは、生者しか得られないもの。そのために、生きているものを尊ばなければ。そして、亡き母はお墓の中にいるんじゃなくって、父の頭や心の中にいるのだから。私にとっても母の思い出は頭というか、心の中にあるから。
[PR]
by yosamuya2 | 2012-05-22 23:17

妻が撮った、金環日食。

b0196570_16534975.jpg


今日の朝は、話題の金環日食だったようです。だったようです、というのは、私は寝ていましたから。せっかくの金環日食ですが、私だっていろいろ考えたのです。なんとかして見る方法がないのか、と。なにかフィルターのようなものがないのか。すると、ふと、星座図鑑があるのを思い出したのです。その星座図鑑は、左右に赤と青のセロファンを貼った色眼鏡で見るのです。すると、星座が立体的に、位置関係で前後して見える、そういう色眼鏡があったのを思い出したのです。なので、妻がとっくに寝ている深夜に、その色眼鏡をテーブルに置いて、私は寝ました。で、金環日食のその時間、近所の声が、妻の声が、見た、あそこで望遠鏡出してる、欠けてる欠けてる、などと布団の中で寝ている私の耳に入ってくる。賑やかですねえ。私は、うつらうつらしながらどんな金環日食なんだろうと、想像の世界です。突然、妻に起こされました。見て〜、と。妻は、あの色眼鏡とデジカメを持って、そして私に色眼鏡を渡す。青い方で見ました。雲がかかって、ぼやっとしているのがラッキーでしたね。なるほど、薄いドーナッツだわ。パッと見て、また私は寝ました。そういえば、外が暗かったなあ。やはり、日蝕だわ。などと。で、すっかり寝てしまいました。そして、妻が撮影した写真がこれです。赤を被せて撮ったもの。青を被せたもの。なかなか上手に撮れています。ほめてやってください。
[PR]
by yosamuya2 | 2012-05-21 16:54

ええ〜、りくう〜、もう帰るの〜。

b0196570_15501947.jpg


昨日の夕方です。いつも通りに、陸と散歩に出て。その日の朝は、陸がうんちをしなかったらしく、夕方はウンチをするようにしっかりと言い含めての散歩です。解っているのか、解っていないのか、私にはわからない。家を出て、50メートルほど歩くと駐車場がある。その入口で、陸は必ずしっこをする。ところが、この日はしっこの時間がすんごく長かった。振り返ってみれば、数年前までの陸は、サッとすれば、直ぐに切り上げて、さっさと次に場所に移動して、またサッとしっこをしていた。陸も13歳で、ほぼ老人だから、しっこの回数が減り、その分だけしっこの時間が長くなっている。ところが、その駐車場のしっこ時間が、まるで30秒くらいあったような感じだった。見ていると、まだ終わらないの、まだ終わらないの、とこっちが驚くくらい。で、しっこが終わり数メートルを歩き出すと、一瞬立ち止まって後ろをチラリと振り返る。う〜ん、なんだか変だぞ〜、と私。でも、思い直したのか、いつもの土手に向かう。まだ歩いて5分も経たない。そこで、意外と早くウンチをした。ところが、その土手で、いつもはしっかり匂いを嗅ぐのに、早々とその場所を離れた。どうしたんだろう?今度は、家の方に向かう。ひょっとして、もう家に帰るのか。もう陸の足取りが、確実に家に向かっている。引っ張ろうが何しようが、家に帰りたいのだ。長いしっこも、早かったウンチも、家に早くかるためなのか?家について、散歩所要時間は7〜8分。今までの最短時間です。さてさて、家に入って、陸のたっぷり太ったお腹を持ち上げようとすると、大きな声で、キャウ〜と叫ぶ。これはおかしいで、直ぐに病院となりました。逃げようとする陸を病院に押し込んで、なお待合室で逃げる隙をうかがう陸を押さえ込んで、やっと診察室に入ったはいいが、出口に向かってダッシュする陸を遮って、とりあえずはレントゲンです。で、映像を見るとお腹に何かがあるらしい。詳しくはわかりません。で、次の日に、麻酔をかけてCTで詳しく検査しましょう、ということになった。なんせ、陸はおとなしくしてくれませんから。で、今日の朝、検査なので、絶食で水も飲ませず、陸は車に乗せられていきました。さて、夕方に病院に行きます。どうなることでしょうか。去年は私。今年は陸。歳をとると、いろいろあるからね〜。まあ、なんとかなってほしいから。なんとかって、なんだ?なんだよ。言葉にできないものがあるから。
[PR]
by yosamuya2 | 2012-05-20 15:50

タバコを止めて、1年が経った。

b0196570_23355356.jpg


早いもので、あれからもう1年が経ったのか、という思いと、この1年が凄く長かったという思いが交差している。ところで、なぜタバコを止めたのか、と聞かれると、その問いに対しては、医者がタバコを止めなさい、と言ったから、その忠告に従って止めたにすぎない。それが理由だ。その前から何日かの入院生活を送らなければならないことがわかっていたので、どうしようかと考えていたところ。その病院の建物施設内には、喫煙スペースがない。なんと丁寧なことに、病院の敷地内でのタバコはご遠慮くださいと、敷地入口の看板に書かれている。つまり、タバコを吸おうとすると、病院内のスリッパをシューズに履き替えて病院の建物を抜け出し、敷地外に出てからタバコを吸わなければならない。どう考えても、そんな面倒なことはできそうもない。後で考えてみれば、点滴の容器とか、その他の容器をカラダからぶら下げて敷地外に出たりしたら、絶対に守衛さんに止められるだろうね。そんなことを想像すると鬱陶しいので、前段階として医師の忠告に従って止めることにした。で、その3週間後の入院も、禁煙を続けながら過ごすことができた。ラッキーなことに入院は6日間で終わった。そりゃ〜ね、今だって時々、タバコを吸いたいと思うことはありますよ。でも、ぐぐっと我慢。まあ、タバコを吸いたいと思う気持ちがぶり返すのは、禁煙から3年はあるらしいから。まだまだ、半分もしていないことになる。そういえば、先週に学生時代の友人たちと、ほぼ1年ぶりに会った。そのときに禁煙していた輩は、また喫煙を再開していた。タバコを吸ったときのクラッとする感覚が快感だそうな。その男は、タバコの禁煙外来に行って、禁煙は半年ほど続いたそうだが、効果もそこまでだったようだ。タバコを吸いたくなるのはストレスが積み重なるからで、なかなか克服できないよね。そんなわけで、私自身にもいろいろと深刻なことがあったから、長いようで短くもあり、早いようで遅くも感じる、禁煙1年であったのだ。つづく。かな。
[PR]
by yosamuya2 | 2012-05-16 23:36

寒いので、おでんにしました。

b0196570_1553646.jpg


そんなわけで、ここんとこ涼しかったでしょ。なので、おでんにしました。ちょうど土曜日から作り始めてね。まあ、いつも通りのおでんですが、違うのは、イワシのツミレ、餅入りきんちゃく、妻手作りのがんもがないこと。ツミレと餅入りきんちゃくは、スーパーには売っていません。さすがにスーパーというのは、季節が外れると容赦なく売場から撤去しますよね。おでんだって、コンビニには売っているのに。ないものはしょうがないです。スパッと諦めて。とは言いながら、4〜5店はぐるっと廻りましたよ。でも、ないです。がんもも私が急におでんを、と言ったので、間に合いませんでした。いつもどおりに、鍋に昆布を敷いて、じっくり煮だして、沸騰直前に大根を入れて。そうそう、このおでんは昆布が違うのです。この昆布は、大阪の空堀商店街にある昆布の老舗、「こんぶ 土居」で買ってきたものです。妻のお友達に教えてもらって、買い求めました。で、大根を入れて、軽く煮たってうっすら灰汁が出た時点で、昆布は引き上げます。以前は、スジ肉も入れて煮立ったときに昆布を引き上げたのですが、それでは昆布に肉の脂分がへばり付いて二次利用ができない。なので、今回は土居の昆布の二次利用を考えてのこと。昆布を引き上げるとき、昆布が異常なくらいふくらんでいます。これには、びっくり。鍋の出汁も、ほんのりですが、いい味が出ている。ひょっとして、昆布の違いかな。でも、これがのちのちはっきりわかるのです。はっきり言って、いい昆布は凄くおいしい。そんなわけで、いろいろとぶち込んで、いつも通りにおでんが出来上がりましたが、おでんがすごくおいしい。昆布一枚で、こんなに変わるものかと。さすがに、わざわざ大阪まで買いに行った甲斐があったというものです。さすがに、おでんはもう最後でしょうね。また、10月くらいになれば、おでんを作ることでしょう。きっと、土居の昆布でつくることでしょう。いや〜、ちょっと涼しくなる秋が楽しみですね。妻が引き上げ昆布で作った、ご飯の友も楽しみです。

妻のお友達のかなでさんのブログを参考にさせていただきました。
http://kanade.narasaku.jp/e37009.html
ここに空堀商店街の「こんぶ 土居」、詳しく書いてありますよ。
[PR]
by yosamuya2 | 2012-05-14 15:05

大阪は寒かった。

b0196570_1553337.jpg


最近、なんだか涼しいですね。というより寒いかも。私は昨日、大阪で飲んだんだけど、淀屋橋から待ち合わせの東梅田の方に歩いたときです。夕方になるとこの通りはいつもながら、北に向かって歩く人が多い。どうも雰囲気として、途中で一杯引っかけて寄り道をしようって感じじゃない。皆さんがしっかりと大阪駅に向かって歩いているんだよね。ひょっとしてひと区間の節約?それとも健康のために歩いている?まあ大阪人のことだから、算盤勘定がきっちりと働いていることでしょう。ところで、大阪の歩行者の歩くスピードは全国で一番速いって、ずいぶん昔に聞いたんだけど。昨日、歩いた感じじゃ、そんなに速くないね。大阪の人もお疲れなのかな。仕事帰りだもんね。で、やっぱりやっぱりです。片道一方通行道路の信号が歩道の切れ目にあります。歩行者側の信号は赤で、自動車側は青。だから車は横断歩道の上をどんどん通過していく。まあ、これは当たり前。その通過する自動車の列が途切れたけれど、歩行者側の信号は相変わらず赤です。でも、車が来ないと分かると、歩行者は赤信号でもスタコラと渡っていくんですね。さすが大阪、信号なんて守りません。こんな人は、自動車の運転もしてほしくないなあ。さてさて、梅田の待ち合わせ場所、午後7時過ぎで、丸ビルの温度表示を見ると13度だって。寒いはず。で、3人が集まって、どこに入ろうか、なんて話していると、客引きのお兄さんが声を掛けてきた。キャバレーとか、パブかと思いきや、普通の居酒屋さんらしい。私たちのひとりにしつこく説明をしている。私は、こんなの嫌いなんだけど、気のいい輩が相手をしている。じゃ〜、お店まで案内しろ、ということになった。アーケードの通りに入ると、これ以上は一緒に行けないという。どうも、客引き行為に関する禁止条例に引っかかるらしい。じゃ〜そこでバイバイとなるわけだが、律儀な友達は、そのお店に行ってやろうということになった。別段、普通の居酒屋です。ただ、客が少ない。金曜日の夜なのにね。だから、客を呼び込むワケなんだ。大変だなあ、大阪の居酒屋さんは。ところで、大阪の経済が冷え込んでるのは、原発が動かないから、工場がフル稼働できずいるから、と誰かが言っていた。なるほど、困っている人もいるわけだ。だから、居酒屋さんにも客が少ないわけで。そうそう、あの小汚い大阪中央郵便局の建物がやっと建て替えされるようですね。これも、関西の経済冷え込みの象徴でした。北ヤード跡地って、何になるんだろう。林とか公園にというけれど、そんな場所に持ってこられた木々は可哀想ですね。コンクリートに固められた都会の林って、哀れな感じがする。神社の林って、神々しい感じがするけどね。明治神宮って、なにか感じがいいでしょ。だから、もし、林とか公園を作るのなら、一緒に神社を建てればいい。それだけで、雰囲気がぐっと落ち着きますから。でなかったら、10数万人規模のサッカー場を作るといい。日本には、10万人規模のサッカー場がないからね。もちろん、イベントとしても使えるようにね。とにかく、関西を元気にしなければ。そんなことを、金曜の居酒屋に感じた。
[PR]
by yosamuya2 | 2012-05-13 15:07

待つ陸。

b0196570_16402989.jpg


妻が出掛けると、陸は待っています。車のない車庫が見える窓際に来て、おかあさんがいつ帰るか、見張っているようです。私たち二人が、車で出掛けて帰り、駐車場にクルマを入れると、その様子を陸はガラス越しに見ています。そして、以前は玄関に回り込んで、私たちを迎えてくれたんですが、最近は気まぐれですね。暑くなったから、ぐったり寝ているのか、歳をとったから疲れやすいのか。ま、しょうがないのか。ただいま、陸。帰ったよ〜。いいから、いいから。寝てていいから。お留守番、ごくろうさま。りっちゃんのおやつ、いっぱい買ってきたからね。わかったのか、わかっていないのか。でもしっぽ、パタパタ。
[PR]
by yosamuya2 | 2012-05-09 16:40

映画「阪急電車」を見た、けれど。

b0196570_16153133.jpg


一昨日、テレビで、昨年に封切りだった映画「阪急電車・片道15分の奇跡」を見た。確かに、面白かった。見終わって、うんうん、これで良かった、と思わせる内容というか、納得のストーリーですね。ただ、けれど、というのは。もし、これが阪急電車でなくって、設定が東急東横線でも、あまり違和感がないような。何か、そんな雰囲気があったのです。ほら、配役が、なんとなく関東の人っぽいでしょ。宮本信子さんと中谷美紀さんに、関西人としては違和感があったのかもしれません。そりゃ〜。関西にも関東の人はいるからね。確かに演技も上手かった。でも仁川の上品なおばあちゃんではなくって、やっぱり鎌倉のおばあちゃん、という感じがするのですよ。まあ、そんなわけで、あくまでも阪急沿線ですから、上質な神戸訛りの関西弁、たとえば、知っとーか、とか、みやしい、とか。が出てくるかなと期待していたんですが。まあ、しょうがないか。でも、内容は申し分なし。楽しかったし、それぞれのエピソードも面白かった。芦田愛菜さんも、知らなかったのですが、西宮の出身なんですね。でも、完全に雰囲気が東京になっている。阪急電車って、長い間乗っていないなあ。あの、梅田発の京都線、宝塚線、神戸線の同時発車って、今でもあるのだろうか。それと、沿線の今津線なんだけど、宝塚発西宮北口行ってなっている。ひょっとして、今津までは直行していないのかな。昔は、西宮北口で電車の線路が十字に交差していて、神戸線も今津線も、電車が横切るたびに、大きな音で、カタカタカッタン、カタカタカッタンと賑やかに響かせていた。すると、今津から宝塚に行くとき、面倒くさくないかい?やっぱり、阪急電車だから、絵になる。ま、ともかくも、映画って本当にいいもんですね。誰かのセリフのような。昨日の相棒も、テレビドラマは見ないけど、テレビで放映する映画版だから見た。やっぱり、映画ならば面白いから。
[PR]
by yosamuya2 | 2012-05-07 16:15


日々、てきとーに思いついたことをなんでもかんでも書いてまいります。


by yosamuya2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

フォロー中のブログ

最新のコメント

おいしそう。
by 民進党大嫌い at 00:01
あきこさん、久しぶり。カ..
by yosamuya2 at 19:21
山田家のお節、ほんとにす..
by あきこ at 13:04
お久しぶりです。 法華..
by やまちゃん at 20:03
携帯ゲームの地位を高めた..
by モバゲー at 12:45
スタービーチがリニューア..
by スター ビーチ at 14:36
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:35
あなたの適正年収はいくら..
by 適正年収 at 12:31
そろそろ、真剣にデジイチ..
by 夜寒 at 23:12
うん、コンデジの限界でし..
by 名古屋のやまちゃん at 21:59

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

夏はうちわ、池田含香堂の団扇。
at 2016-07-17 21:09
さよなら、ダイハツ・ムーヴ。
at 2016-07-13 16:27
辛い、効く〜、おいしい、きみ..
at 2016-07-12 10:02
気持ちいいぞ、昼前のお風呂。
at 2016-07-07 12:21
今日、妻がひとつ歳を重ねた。
at 2016-07-03 15:21

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧